>

日記をつけるのは何も日記帳だけではない

日記を付ける媒体もたくさんあります

文章を読む事は好きだけど、文字を書くのは本当に苦手という方もいらっしゃるでしょう。

日記をつけるといえば、日記帳とペンを想像しますが、最近では日記のアプリなども充実しています。
また、ブログやSNSを使って毎日の出来事を書いても日記のようなものになるでしょう。

しかし、こういったものは公開されるのでプライベートな内容はあまり書けません。

本当に自分が自分の為に日記をつけるのであれば日記帳に手書きするのが一番いいかもしれません。

日記帳にも色々あります。
3年日記、5年日記、10年日記と一冊で何年も使える物もありますし、手帳に書き込んで日記を付けていく方もいます。

まず形から入るのもいいかもしれません。
自分に合う日記帳探しから始めてみるのもどうでしょうか。

何よりストレス発散にいい

日記について色々書いてきましたがいかがだったでしょうか。

日記をつけるとこで自律神経の乱れが整い、落ち着くことも出来るようです。

ストレスがたまり、吐き出すところがない人にも日記に書いて吐き出せばスッキリするそうです。
人にぶつけることが出来ればいいのですが、そういう訳にもいかないですものね。

毎日続けていれば、何気ない変化にも気付けます。
成長してるんだなと気付く事も出来ますし、また自分の迷走に気付く事も出来ます。

失敗したことも書いておけば、同じ失敗は防げます。

長い文章を書く必要などありません。

短い文章でも、嘘偽りを書くことなく本心を毎日書いていってみましょう。

書いたものがたまっていけば、後日読み返すのが楽しくなるのです。

でも、なんとなく自分が自分の為に書いたものですから人に読まれたら恥ずかしいものがありますよね。
日記帳の保管場所には十分に気を付けましょうね。


この記事をシェアする